【マイホームを建てよう!と決意したお客様へ】賃貸と持ち家どっちが得?

おはようございます!
くつりらホーム 住宅建築コーディネーターの佐藤です。

マイホームを建てようと決意されたお客様へ

ご夫妻がお付き合いされていた頃から、ずっと
夢にまで見ていたマイホームづくりが、
いよいよ!スタートされましたね。

誠におめでとうございます。

弊社が全力でサポートさせていただきます。
ご安心ください。

さて、住居に対する考え方は様々です。

一生、アパートや貸家で暮らす!
住居のことは大家さんに言って修繕してもらえば良い。
住まいに飽きたら環境が変わったら引越ししよう!

そんな生活も気楽で良いですよね。

一方、自分の理想の住まいを目指して、
設計からしっかりと携わり、
こだわりのある住まいで、理想の生活を実現する!
これも素晴らしいことですよね。

両方ともメリット・デメリットありますが、
皆さんはどちら派ですか?


どちらも若い頃は、がむしゃらに働いて、家賃、ないし住宅ローンを払っていく。。
ざっくり言うと大変さはどちらもあまり変わらないかもしれません。

大きく変わってくるのは"老後"住宅ローン返済が完了してからです!

なぜか?

老後って、どんな生活になるのか?
皆さんは考えたことってありますか?

自分はいったい毎月いくらもらえるんだろうか?
ちなみに、厚生労働省で発表している
「夫が40年間フルタイムで働き、
妻が専業主婦の場合の公的年金支給額(月額)」
は、なんと月22.2万円程度です。

その金額で生活していけるでしょうか?
おそらく夫婦2人で生活していくことを想定すると、
決して贅沢はせずに、細々と切り詰めて生活していくならギリギリの金額かと思います。

なーんだ!?それなら大丈夫じゃん!???

ちょっと待ってください!
でも、それには住居費用はカウントされていないんです。@@;;;

だから、もし一生賃貸で暮らしていこう!としている方は、
老後、その住居費用が大きな負担になってきてしまいます。

e4265a84568f2d71457f8b46a1cf8648_t.jpg

皆さん、老後になってから「若い時に家建てておけば良かったー!」
と後悔することのないように、自分の人生設計はしっかりと行いましょう。


さて、いかがでしたでしょうか。
今日は大変重要なお話をさせていただきました。
家づくりに悩まれていらっしゃる方は、無料でご相談いただけますのでお問い合わせくださいね。

https://www.kutsurirahome.jp/contact-ssl/

では、また次回お楽しみに~。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

PageTop