【健康の話】夏でも湯船に浸かろう!

皆様、こんにちは~。
くつりらホーム 住宅建築コーディネーターの佐藤です。

暑いですね~ A(^^;)
今年は長~い梅雨時期が続き、遅い夏がようやくやってきましたね。
新型コロナウィルス対策で、マスク着用しての夏を乗り切らなければなりません。
ソーシャルディスタンスが守れていれば、マスクは外してもOKのようですが、それでも例年より熱中症のリスクは高いといえます。
冷房の温度も少し低めに設定することが増えるかもしれませんね。

一方で、室内のクーラーが効きすぎてしまうと、今度は体が冷えすぎたり、外との温度差も激しく、体調を崩してしまうケースもあります。

難しい夏の体調管理に、効果がある方法の1つが【入浴】です。

皆様は、夏でも湯船に浸かっていらっしゃいますか?
暑いとつい、シャワーだけで済ませてしまいがちですよね。

室内では冷房で冷え、室外では暑くて汗をかく、夏場は普通に生活をしているだけでも体力を消耗し疲れてきてしまいます。

入浴は、温熱、水圧、浮力の物理作用の働きにより、ストレス解消や、疲れ、体の冷えに効果があります。

温かいお湯につかると、ほっとして精神的にもリラックスできますよね。

体を労わり、夏バテ防止のためにも、短時間でも良いので湯船に浸かるようにしましょう。

お湯の温度によって、得られる効果が違うとも言われています。

35~38℃くらいなら、リラックス効果、
42~44℃くらいなら、リフレッシュ効果がある、と言われています。

温度によって交感神経と副交感神経の働きに違いが出るそうです。


体を清潔にし、心身共に整えてくれる浴室は、生活の中で毎日使う場所の1つですよね。
お風呂の種類も、色や形、収納など、各メーカーさんから様々なタイプが出ています。

お手入れや節水なども気になるところですよね。
また、家族の変化や家の築年数によって、お悩みも変化していきます。

例えば、まだお子様が小さいうちは、家族みんなでお風呂に入ったり、おもちゃもたくさんあって、お風呂の広さが気になるかもしれません。

また、お子様が大きくなれば、ご家族でそれぞれ使うものも増えてきて
例えばシャンプーが家族で別々のものを置くようになったりして、収納や日々のお手入れについても気になってくるかもしれません。

手すりの設置が必要になることもあるかもしれませんよね。

新築からリフォームまで、
建てたら終わりではなく、

ご家族の変化に合わせて、ご対応させていただきます。
くつりらホームへ遠慮なくご相談くださいませ。

弊社が開催している各種セミナー等にお越しいただきましたお客様に、檜で作った弊社オリジナル商品の入浴グッズをお渡ししています。
お風呂に浮かべて入浴すると、檜の香りが疲れた身体を癒してくれますよ。(^^)v
kutsurirahome_hinoki_goods.jpg
是非、皆様のご来店をお待ちしております。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【健康の話】「ヒートショック」にご注意を。

皆様、こんにちは。
くつりらホーム 住宅建築コーディネーターの佐藤です。

今日は、タイトルにありますように
「ヒートショック」についてお話したいと思います。

「ヒートショック」

一度は聞いたことがあるかと思いますが、

そう、家庭内事故 のことです。

*「ヒートショック」とは、急激な温度変化により体が受ける影響のこと。
 温度差の激しい寒い冬に多く、1月が最も死亡事故が多い。
 血圧の急変動により失神や脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす。

よくお風呂に入った時に、急に胸がドキドキしたり、
何となく呼吸しにくくなったり、
クラッとしたり、それも軽いヒートショックだそうです。


これはあまり公表されていないようなのですが、

実は、

家庭内事故は、交通死亡事故の

な、なんと、

約4倍!

もあることをご存知でしょうか。

国立循環器病研究センターの調査によると、
2011年の交通事故死亡者数が 4,611人に対し
ヒートショックによる死亡者数は、17,000人だったそうです。

めちゃめちゃ多くて、びっくり!ですよね。

環境省では、「断熱・省エネリフォーム」パンフレットを発行しております。

家庭内事故が余りにも多いため、環境省でも本腰を入れて事故撲滅に力を注いでいるんですね。

環境省ばかりではありません。
もちろん、弊社においても、住宅に携わる者として決して他人事ではありません。

家の中での事故を減らし、より快適な移住空間を満喫していただきたいと願っております。
実は、簡単にできる心がけで防止する方法もあるんです。

その対策は、次回、掲載させていただきますね。

お楽しみに~。


#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【健康の話】「ヒートショック」にご注意を。対策編

皆さま、こんにちは。
くつりらホーム 住宅建築コーディネーターの佐藤です。

雪ですね~。(@@;;
北海道では、マイナス32度???ってTVでやってました。
マイナス32度って。
外は冷凍庫、冷蔵庫の中は、温かい?(^^;;
いわきに在住の私には、あまり想像もできませんです。


さて、前回の続きのお話ですね。

「ヒートショック」はちょっとした心がけ、気配りで防ぐことができるんです。

例えば、、、

・脱衣所を暖房で温める

・湯船のフタを開けて浴室を温めておく

・入浴前にシャワーを出して、浴室を温めておく

・温度変化を避けるため、湯温を41℃以下にする

・外気温がまだ暖かい夕食前に入浴する

・飲酒後は入浴を避ける

・高齢者に一番風呂は勧めない

いかがですか。
このようなことをご家族内で気をつけることで
防止することにつながります。

ですが、これを毎日行い習慣化するのは結構大変だと思います。

でも、今のお風呂は想像以上に安全性・保温性・清掃性にこだわっており、
とても快適になっています。
ヒートショックを防ぐための毎日の面倒さも軽減され、
家族の身の危険から解放されますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。


それでは、
皆さま、大寒波、お気をつけくださいね。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート