【マイホームを建てよう!と決意したお客様へ】信頼できるプロ

こんにちは。
くつりらホームの住宅建築コーディネーターの佐藤です。


マイホームを建てよう!と決意したお客様へ


【信頼できるプロ】


マイホームは
経験値のない買い物を
実物を見ることなく契約

信頼できるプロ(住宅会社・工務店)の手を借りて、
様々な疑問や不安を解決しながらすすめる
買い物なのです。

信頼できるプロを見つけることが出来ない間は、
自身で疑問や不安を解決しなければいけません。

しかし、

どんなに資料を集めて検討しても、
不安が付きまといます。

「本当にこれでいいの?」「間違っていないよね?」
そうして、検討すれば検討する程、答えが出ないのです。

当然ですよね

経験値が無い買い物なので、
自問自答しても答えを出すことが難しいのです。


だからこそ


わたしたち くつりらホームは

お客様のその気持ちに寄り添い
信頼による安心感をお届けします。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【マイホームを建てよう!と決意したお客様へ】経験値の無い買い物

こんにちは。
くつりらホームの住宅建築コーディネーターの佐藤です。


マイホームを建てよう!と決意したお客様へ

【経験値の無い買い物】

マイホームを建てようと決意することは大変な勇気が必要です。
生涯で最も高額な個人の買い物と言われるマイホームは、
簡単な買い物ではありません。

そもそも、ほとんどのお客様が、
マイホーム購入は初めての買い物です。

経験値が無いのです。

大抵のモノは何度も購入していますので、自分に合うものが何か、費用はどのくらい掛かるのか、などの経験値があり知っています。
例え高価な自動車でも、何度か購入すると買い方や選び方も分かってきます。

しかし、マイホームは、初めての買い物なのです。
繰り返し購入する人はほとんど居ないのが現状です。
経験値が無いので、誰でも迷い、そして不安な買い物になるのです。
人生の買い物の中でも特別高額なのです。
「失敗したくない」という恐れが緊張感を生み、
「騙されたくない」という猜疑心が生まれるのも当然のことでしょう。

ましてや、注文住宅ということになったら、
契約時にはまだ家は出来上がっていないのです。
分譲マンションや建売住宅のように完成品を見ることも出来ないのです。

契約するにも図面と見積書で判断し決断しなければいけないのです。
実物も見ないで、モデルハウスや現場見学会で「このような雰囲気に」「このような感じに」なりますということで契約するのです。

経験値のない買い物を
実物を見ることなく契約


だからこそ

わたしたち くつりらホームは、信頼を約束いたします。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【現場日記】情報誌 cab に掲載されました♪

皆様、こんにちは。
くつりらホーム 住宅建築コーディネーターの佐藤です。

読売新聞、民友新聞の折り込みされています
情報誌 cab(キャブ)2020年9月19日発行に"新古今"が掲載されました。
ありがとうございます!
cab掲載_20200919.png

くつりらホームでは、家を建てたいけれど何から始めたら良いのか分からない方のために、随時セミナーや相談会を開催しております。
家づくりをご検討中の方は、お気軽にご連絡ください。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【家づくりの話】いわき市で注文住宅をお探しの方へ!キッチンでおすすめの床材とは?

家の箇所によって適した床があることをご存じでしょうか。
快適な暮らしを実現していただくために、特に水回りであるキッチンは床の材質にこだわることをおすすめしています。
今回はキッチンをはじめとした水回りにおすすめの木材についてご紹介いたします。

□キッチンの床に適した木材とは

どのような木材がキッチンの床に適しているのでしょうか。

1つ目に、水に強い木材です。
キッチンは洗い物や食材を洗う際にどうしても水が飛び散ってしまう場所です。
この点から水に強いという条件は、キッチンの床の木材には必要不可欠だと言えるでしょう。

2つ目に、掃除がしやすい木材です。
キッチンは家の中で最も汚れやすい床といっても過言ではありません。
調理中や洗い物の際にいは油汚れや洗剤の汚れが付着してしまいます。
この点から、掃除のしやすさも重視することをおすすめしています。

3つ目に、デザイン性のある木材です。
最近では、デザイン住宅という言葉があるように、家にデザイン性を求める人が増えてきていることをご存じでしょうか。
毎日何度も利用するキッチンの床がおしゃれなら、料理が楽しくなること間違いなしです。

□水廻りに最適な木材とは

では実際にキッチンの床に適する木材について具体的に2つの木材をご紹介いたします。

1つ目に、バーチです。
この名前は聞きなれない方も多いのではないでしょうか。
これはカバ桜とも呼ばれる木材で、カバヒノキ科の樹木の一種です。
特徴は、木目がまっすぐで癖がないことで、白の光沢感がみられます。

見た目の美しさだけではなく、水に強く強度も兼ね備えているのです。
全体として欠点があまりないうえに、価格も手ごろなことから人気の木材であるといえるでしょう。

2つ目に、オークです。
これは聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この木材はナラ材として知られている木材です。
実はワインの樽や船の材料としても利用されるほど、強い耐水性を兼ね備えています。

見た目も重厚感があり、木目がはっきりしているため無垢材らしいやさしい仕上がりになります。
色によって値段が変わってしまいますが、平均して手ごろな価格であることも人気の理由だと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、キッチンをはじめとする水回りに適した床の素材についてご紹介しました。
当社では、あなたの希望に沿った住宅を実現するため、土地の購入からサポートいたします。
こだわりの自然素材を好きな形で実現できます。
注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社までご連絡ください。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【家づくりの話】いわき市の住宅会社が解説!注文住宅の壁には珪藻土がおすすめ?

注文住宅の壁は何がいいのか素人には分かりにくいですよね。
自然素材を使った壁の素材に、珪藻土(けいそうど)があります。
今回はそんな珪藻土について、その特徴と利用するメリットを住宅会社である当社がご紹介いたします。

□珪藻土(けいそうど)とはどのようなものか

珪藻土とは何かご存じでしょうか。
珪藻土とは、藻の一種である珪藻の残骸が海や湖の底に蓄積してできた粘土状の土のことです。
珪藻土の特徴として、黄色や白色、灰色のしま模倣があります。
これは、珪藻が増殖し残骸となって積み重なっていくことが原因と言えるでしょう。

実は珪藻土は耐火性が高く、その対火性は耐久レンガや七輪に使われるほどです。
珪藻土は固まる性質を持っていないため、壁材として利用される場合には泥や化学繊維などを混ぜ合わせたものを使います。

□珪藻土のメリットとは

前節では珪藻土の科学的な性質についてご紹介しました。
ここからは、実際に珪藻土を取り入れる4つのメリットについてご紹介いたします。

*風合いが良い

珪藻土の最も大きな魅力として自然素材であるという点が挙げられるでしょう。

一般的に、家庭で利用される壁紙は多くのものが化学製品で作られています。
しかし、化学物質に日々囲まれることによって頭痛や吐き気をもよおす化学物質過敏症になる方も増えてきています。
もちろん全員にこの症状がみられるわけではありませんが、家族の健康を考えれば、壁には自然素材を用いるほうが良いことはお分かりいただけるのではないでしょうか。

*調湿機能がある

実は珪藻土には無数の穴が開いており、この穴が湿度調節を実現してくれるのです。
梅雨や雨の時期に部屋がジメジメしてすっきりしないといった経験もあるのではないでしょうか。
部屋の湿度が高い状態が続くとカビの原因にもなります。
この点でも壁に珪藻土が合っていることがお分かりいただけると思います。

*脱臭機能がある

生活をしていると、食事のにおい、たばこやペットのにおいなどにおいで困ることも多いのではないでしょうか。
におい分子は空気中の水分子に付着して存在しています。
珪藻土は、湿度を吸収する際に生活で出るにおいも吸収してくれるのです。

*対火機能がある

はじめにご紹介したように珪藻土には対火性があります。
火災はどのような対策をとっていても完全に防ぎにくい災害だといえるでしょう。
もしも火災が起こった際にも珪藻土の対火性で部屋から部屋への燃え移りを遅くできます。

□まとめ

今回は、自然素材である珪藻土の性質と、珪藻土を壁に利用するメリットをご紹介しました。
心地の良い暮らしや家族の健康、安全にも珪藻土の壁は良いことがお分かりいただけたのではないでしょうか。
当社では、あなたのお気に入りの住宅を実現いたします。
注文住宅を検討中の方はぜひ当社までご連絡ください。


#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート

【家づくりの話】注文住宅でおすすめの屋根材とは?いわき市の住宅会社が紹介します!

いわき市で注文住宅の購入を検討中の方はいませんか。
その中には、屋根材の種類が多すぎて、何に注意して選べば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。
屋根材は住宅の強さにも大きく影響してくるため重要です。
そこで今回は、屋根材を選ぶ際に注意すると良いポイントと2つのおすすめ屋根材をご紹介します。

□屋根材を選ぶ際にチェックすべき点

屋根材には多くの種類がありますが、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。
ここでは、4つのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、耐久性です。

雨や真夏の強い紫外線を直接受ける屋根は、耐久性が重要なチェックポイントになるでしょう。
実は屋根の耐久性は短くて10年、長くて100年以上あります。
このように屋根材の耐久性は大きく変わりますので、ご自身の将来の計画にも合わせて検討しましょう。
例えば、二世帯住宅をお考えの家庭なら耐久性の高い屋根材がおすすめです。

2つ目のポイントは、耐火性です。
どの屋根材も一定の耐火性がありますが、種類によって耐火性が異なります。
特に耐火性が高い屋根材は瓦ですが、重量が重いため注意しましょう。

3つ目のポイントは、耐震性です。
いつ地震が起きてもおかしくない日本では、耐震性は重視したいですよね。
建物の重量が軽いほど、住宅の耐震性は高くなります。
そのため、耐震性を重視する方は軽量の屋根材を選んでみてはいかがでしょうか。

4つ目のポイントは、防水性です。

日本は他国に比べて雨の日が多いですよね。
防水性に優れている屋根材を用いることで、雨漏りのリスクを減らせるでしょう。
実は瓦は雨漏りに強い性質を持っています。
そのため、雨漏りの多い地域にお住まいの方には瓦の屋根材がおすすめです。

□おすすめの屋根材をご紹介

次に、2つのおすすめの屋根材をご紹介します。

1つ目は、ガルバリウム鋼板です。
ガルバリウム銅板はアルミと亜鉛を素材にしているため、従来のトタン屋根に比べ5倍程の耐久性を持ちます。
また、鉄板の上に合金層があり、熱に強いアルミが含まれているため耐熱性にも優れているでしょう。
さらに、ガルバリウム鋼板は非常に薄く、重さも瓦の10分の1程度しかないため耐震性にも優れていますよ。

2つ目は、陶器瓦です。
陶器から作られているため、強い衝撃がない限り陶器瓦は半永久的に使用できるでしょう。
瓦なので、重量が重く耐震性が心配な方も多いですよね。
しかし、最近では住宅の骨組み設計の際に瓦の重量も計算に入れられており、耐震性が確保されているためご安心ください。

□まとめ

今回は、屋根材を選ぶ際に注意すると良いポイントと2つのおすすめ屋根材を解説しました。
屋根材は普段の生活ではあまり気にかけることがないですよね。
しかし、屋根材によって家の耐久性も大きく変わるため、ぜひご自身に適した屋根材を探してみてください。

#注文住宅 #くつりら #福島県 #いわき市 #工務店 #ダイニング #リビング #家族時間 #家づくり #新築 #新築一戸建て #新築マイホーム #マイホーム #マイホーム記録 #インテリア #キッチン #リノベーション #家 #myhome #暮らし #玄関 #リビング #新居 #引っ越し #窓 #照明 #ダイニング #リフォーム #工務店選び

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • HP
  • SIMPLE NOTE シンプルノート