【家づくりの話】これから土地探しを始める方へ。これだけは押さえたいいわきの土地選びのコツ!

ブログ サムネイル (1).jpg

1.土地探しを始める前に
1.1.絶対に譲れないのは「土地」ですか?「家本体」ですか?

ブログ サムネイル (2).jpg
土地を探す段階から家づくりを考える場合、まずは理想の家を建てるための条件をいくつか挙げ、それらの優先順位を決めなければなりません。地域環境や子育てを第一に考えて郊外を選ぶのか、市街地の利便性を重視するのか、趣味に合った家を建てるのか等、家づくりの条件は人によって様々です。

「住むエリア」が最も重要になる場合は土地の購入予算が、一方「理想の家」が第一の場合は家の建築予算がマイホーム予算の最優先事項となります
本来ならどちらの希望も叶えられるのが一番ですが、要望が大きくなればなるほど費用がかさんでしまいます。土地にお金をかけすぎて家を妥協する、となれば本末転倒。優先順位を決めた上で土地と家の資金バランスを考え、計画的な家づくりをしましょう。

1.2.土地探しのエリアを決めるために

334515_s.jpg
「どのエリアに住むのか」を明確にするために、まずは譲れない条件を書き出しましょう。どんな小さなことでも構いません。住環境や利便性、細かくは土地の向きまで希望する土地に求める条件を一つ残らず書き出し、その中から優先する条件をいくつか拾い出します。
優先する条件が明確になり、気になるエリアや土地が絞れてきたら、次は土地の相場を確認します。気に入った土地が見つかったとしても、予算と見合う土地なのか、そもそもその価格が土地相場と合っているのかを知らなければ、納得して購入ができません。

そんな時、一つの判断基準となるのが「公示価格」です。「公示価格」とは、年に一度、国土交通省が発表する土地の評価額のことで、その土地の相場を知る目安となります。国土交通省のサイトから誰でも簡単に閲覧できるので、気になるエリアが見つかったら一度確認してみましょう。

2.これだけは押さえたい土地探しのポイント
2.1.誰と一緒に土地を探す?

下調べを終え、いよいよ具体的に土地探しを始める段階になったら、やはり専門家に相談するのが安心です。
土地を探す際の相談先としてまず挙がるのが、不動産会社。そのエリアの不動産を扱うプロであるため情報量はダントツに多く、紹介される土地のバリエーションも豊富です。ただ、あくまでも「土地のプロ」であるため、建築的な視点からのアドバイスは望めないというデメリットがあります。希望する条件に合った土地の紹介は受けられますが、その土地に自分たちの建てたい家が建てられるのか、家づくり全体として妥当な土地か、等の判断を得るのは難しいところです。

一方、相談先が工務店であれば、全体的な家づくりを見越した土地探しが可能です。工務店の家づくりは自由設計が多く、通常なら施工が難しい土地であっても対応できるということが多々あります。

また、そのような土地は価格が安く設定されている傾向にあり、土地にかかる費用を抑え、予算内で家を建てやすいのもメリットです。その反面、土地探しを専門とする不動産会社に比べると、最新の情報の入手が遅れるというデメリットもあります。ただし、人気のエリアや工務店が懇意にしている不動産会社がある場合は情報に大差はないので、思い切って工務店に尋ねてみるのも良いでしょう。

2.2.現地調査|ポータルサイトからの情報だけで決めない

インターネットが普及した現代、土地探しのツールとして最も多く活用されているのがポータルサイト。しかし、そこに落とし穴があるのです。実際インターネットの情報を頼りに現地に足を運んでみると、道が狭く車が通れなかった、土地が低く水害のリスクが高かった、等説明にはなかった情報が次々と出てくることがあります。それに加え、ポータルサイトで紹介されている土地は「売れていない土地」ということも少なくありません。というのも、各ポータルサイトに掲載するには費用がかかります。人気のある土地、優良物件であればわざわざ課金してまで掲載する必要はないのです。そういった理由から、ポータルサイトの情報だけで土地を決めてしまうのは非常に危険です。必ず現地に足を運んで、自分の目で確かめましょう。

具体的に土地の候補地が決まったら、ハウスメーカーや工務店に「敷地調査」を依頼しましょう。敷地調査とは、実際にその土地へ測量に行き、その土地にかかる制限や地盤の強度を調べるものです。土地と道路に高低差がある等、敷地の造成が必要になる場合は、外構費用が余分にかかる可能性もあるので要注意です。敷地調査は依頼する会社によって費用がかかる場合があるため、予め確認しておきましょう。

1683224_s.jpg

敷地調査と並んで重要なのが「役所調査」です。建ぺい率・容積率等の建築法規や、計画道路や土壌汚染の有無、上下水道等土地周辺のインフラ整備等についての調査を行います。事前調査をいかに入念に行ってくれるか、その姿勢が良い会社を選ぶ判断基準の一つにもなるため、しっかりと担当者と話し合い、手順良く家づくりを進めましょう。

くつりらホームでは、敷地調査、役所調査等のお手伝いも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
お子様がいらっしゃる場合には実際に通学路を歩いたり、近隣住宅へご挨拶をしながらどのような人がお住まいなのかを確認したり、と時間をかけて調査し、気付いたことをお客様にお伝えいたします。後になって「こんなはずではなかった」ということがないよう、お客様ご自身が納得できる土地探しを心掛けています。

2.3.周辺環境の確認|朝・昼・夜で街の様子は変わります
1575758.jpg

希望する土地の周辺環境をよく知る、というのも重要なポイントです。当然のことながら、時間帯によって街の雰囲気は変わります。日中の日当たりも大切ですが、小さなお子様がいるご家庭では、夜の雰囲気や街灯の有無も大切なポイントとなるでしょう。

同時に、学校までの距離や病院やスーパー、駅等へのアクセス、再開発の有無を予め考慮に入れておくと、家やご家族の将来性にも繋がります。今後、土地開発が行われる予定がある場合はより暮らしやすくなることが予想でき、反対にすでに古い家が多く再開発の予定もないエリアだと過疎化する可能性も否定できません。先のことを予測するのは非常に難しいですが、それらを含めて土地を探すことで、より理想に近い家づくりができるのです。

2.4.災害に強い土地|ハザードマップを確認しよう
1687893.jpg
家族が安心して暮らすために欠かせない条件の一つが、安全な土地選び。自然災害の多い日本では、いかに災害に強い土地を選ぶかが家づくりの基本とも言えます。

では「安全な土地」「強い土地」とはどういった土地なのでしょうか?それにはまず、地盤の強さが一つの基準となります。一般的に、低地や埋め立て地等は水が集まりやすく地盤が弱いとされています。また、山地や傾斜が強い場所では地震だけでなく、洪水や土砂崩れのリスクも高まります。一見普通の地面に見えたとしても、地形から考えて水が集まりやすい場所であれば、地震や水害で液状化する可能性も高くなるのです。

より安全な土地を探すためには、国土交通省等が公開しているハザードマップを利用するのも一つです。オンライン上で地盤や地震、災害の際のリスクを確認でき、一目で安全な土地かどうかが分かります。ハザードマップはいわき市のホームページからも簡単にアクセスできるので、ぜひ活用しましょう。
それらに加え、もしものために近隣の避難所を把握しておくと安心です。周辺環境や利便性も大切ですが、第一は家族の安全。万が一の時のことも考慮した土地探しをしましょう。

3.まとめ

家を建てるためには、家、土地のバランスを考えた資金計画が大切です。理想の土地を探すために、まずは自分たちで優先順位を決めることから始めましょう。インターネット上には土地情報が溢れていますが、決してポータルサイトの情報だけで決めてしまわず、実際に担当者と一緒に現場に足を運んでみてください。周辺環境や利便性を考えると同時に、災害のリスクの有無も確認しておくと安心です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

PageTop